HOME > バイク保険の特約 > 他車運転危険担保特約

他車運転危険担保特約


スポンサードリンク


他車運転危険担保特約とは、契約者やその家族が、他の人が所有しているバイクを借りて運転している最中に相手にケガを負わせたり、相手側のバイクに損傷を負わせたり、あるいは第三者の家の壁や塀にぶつかって壊してしまったという場合、そのバイクが保険に入っているかどうかにかかわらず保険金が支払われるというものです。

つまり、相手がかけている保険を使わずに、自分の保険を使うことによって相手の治療費やバイクの修理代などを出し賠償できるということです。
人のバイクだからと持ち主の保険を使ってしまうと、貸主の等級が下がって翌年以降保険料が上がってしまいます。
他車運転危険担保特約は、このような場合に借りた相手に迷惑をかけたくないという場合に有効です。

ただし、借りていたバイクの損傷に対しての損害は支払われませんので、この点については注意しておきましょう。
また、ここで借りているバイクとは、あくまで一時的に借りているものに限りますので、この点もしっかり確認しておきましょう。