HOME > バイク保険の種類

バイクの自賠責保険について


スポンサードリンク


バイクの自賠責保険についてご紹介していきます。
自動車もそうですが、バイクも自賠責保険に加入することが法律で義務付けられています。
自賠責保険は、事故が起きた時に被害者を救済するために設けられているもので、人身事故のみが対象となります。
対物賠償やライダー本人のケガなどについては補償されません。

もしも自賠責保険に加入していない場合は、法律によって処分を受けなければなりません。
また、自賠責保険に入っていないと車検が受けられませんので、きちんと入っておく必要があります。

自賠責保険は万が一の時に役立つ保険ではありますが、その補償範囲はそれほど広くはありません。
そのために必要となるのが、任意保険です。

任意保険ならばさらに広い範囲が補償されるとともに、対物賠償やライダー本人のケガなどについても補償されます。
特に、免許を取り立ての若い方などは、できるだけ任意保険にも入って、いざという時のために備えるようにしましょう。

バイク保険の任意保険

任意保険とは、どのようなものでしょうか。
バイク保険とひとくちにいっても、その種類やタイプは様々です。
バイク保険の種類には、大きく分けて2つの保険があります。
ひとつは自賠責保険、そしてもうひとつは任意保険です。

自賠責保険は、事故による被害者救済のために設けられた保険で、被害者のケガや死亡についてのみ補償する保険です。
法律で加入することが義務付けられているため、バイクを運転する人は誰でも加入しなければなりません。

ただし、自賠責保険だけでは補償の範囲が狭いので、バイクそのものの補償や自分自身の怪我や死亡に関してしっかりカバーしたいならば、任意保険にも入る必要があります。
任意保険に入っておけば、いざという時も幅広く補償してくれるので、とても安心です。

バイク保険の任意保険は、自動車保険に比べて圧倒的に加入率が低いといわれています。
それなりに保険料がかかることになりますが、万が一のことを考えると加入しておくべきですので、まだ加入していない人は是非検討してみてください。

任意保険を付けないで運転すると?

バイク保険には、強制加入の自賠責保険と、それぞれの判断で加入する任意保険があります。
自賠責保険は法律で加入が義務付けられていますから必ず入らなければなりませんが、任意保険はそうではありません。
では、任意保険を付けないで運転するとどうなるのでしょうか。

万が一バイクで事故を起こして、相手のバイクに損害を与えてしまった時、その賠償を全て自分で負担しなければならなくなります。
また、自分自身がケガを負ったり死亡した場合にも、その損害を全て自分で負担することになります。

自賠責保険はあくまで相手の人身のみの補償になりますので、非常に補償範囲が狭いのです。
ですから、大きな事故を起こしてしまった時には、十分な補償が受けられないことが多いのです。
このように、任意保険を付けないで運転すると自己負担が高くなることも覚悟しなければなりません。
万一の時に事故の相手に誠意ある対応ができるよう、そして自分自身を守るためにも任意保険にも是非加入しておきましょう。

コンビニでバイクの自賠責保険に加入


スポンサードリンク


コンビニでバイクの自賠責保険に加入できるということをご存知でしょうか。
知らない人もたくさんいるかもしれませんが、バイクの自賠責保険はコンビニでも入れてしまいます。

たとえば、ローソンならば店内に設置の「Loppi(ロッピー)」という機械で加入することができます。
セブンイレブンならば、店頭にあるマルチコピー機から加入することができます。
どちらも画面の案内に沿って必要事項を入力するとレシートが出てきますので、それを持ってレジへ行き、支払いをすれば自賠責保険の加入手続き完了ということになります。

自賠責保険は法律で義務付けられていますし、期限切れで乗っている人も時々いるようですので、もし入っていない人や期限が切れている人がいたら、すぐにコンビニに行って手続きをすると良いでしょう。

コンビニで自賠責保険の加入手続きをする時には、バイクのナンバーと車体番号が必要になりますので、書類などをチェックし、しっかりと準備してから出かけましょう。