HOME > バイク保険の基礎知識 > 保険料の決まり方

バイク保険料の決まり方


スポンサードリンク


バイク保険の保険料は、バイクの種類や排気量、使用目的、等級、年齢条件など、総合的な条件を組み合わせて決まります。
事故を起こす可能性が低い場合は保険料が安く、反対に事故を起こす可能性が高い場合は保険料が高く設定されます。

たとえば、わかりやすいのが年齢条件です。
年齢が若いと、それだけ運転経験が少ないので事故を起こす可能性が高くなりますね。
そのため、若い人は保険料が高くなる傾向にあります。
また、等級が低い人は、それまでに事故の件数が多いということになりますから、その分だけ保険料が高く設定されてしまいます。

さらに、保険に入る時によく聞かれるのが、「免許の色は何色か」ということです。
安全運転を続けていればゴールド免許の人が多いわけですから、事故の確率が低いとみなされ、保険料が安く設定されるのです。
等級と同じようなものですね。

この他、バイク保険には様々な割引制度もありますので、このような割引を加えた上で総合的に判断して保険料が決められていくのです。