HOME > バイク保険の基礎知識 > 自動車保険との違い

自動車保険との違い


スポンサードリンク


バイク保険と自動車保険の違いとは、一体何なのでしょうか。

バイク保険は自動車保険の一種であり、その内容は大きくは違いません。
しかし、実際には補償に制限があったり条件があったりと少し違う点がありますので、そのあたりをしっかり理解しておく必要があります。

バイク保険が自動車保険と異なる点として、搭乗者傷害補償保険に制限が設けられていることがあります。
これはバイクの方が事故を起こす可能性が高いことが理由となっています。
また、バイク保険の場合、車両保険に盗難補償はついていません。
さらに、年齢条件については、125cc以下の原動機付自転車の場合、「全年齢」と「21歳以上」の2つの条件しかありません。
このように、細かくみるとバイク保険と自動車保険は内容が異なりますので、よく理解しておく必要があります。

ちなみに、自動車保険に比べるとバイク保険は加入者の割合がグッと少なくなっています。
バイクは保険に入らないといけないという意識が低いようですが、バイクの方が事故の確率は高くなっていますので、加入しておくことをおすすめします。